身長を伸ばす方法と、そのポイントとは?

身長を伸ばす方法のポイントは?

大人が身長を伸ばすことはできるのか?

読了までの目安時間:約 3分

そもそも身長が伸びる仕組みとは、骨と骨を繋ぎ合わせている軟骨(骨端腺:こったんせん)が成長することによるもの。この骨端線の成長が終わるとこの部分が軟骨から固い骨に変わります。

一般的に、思春期が終わる頃が骨の成長も終わる頃のようです。人によっては20歳を過ぎてからもまだ骨端線の成長が続いている場合もありますが、多くの人は大人になってからぐんぐんと身長が伸びることはまずありません。

しかし、大人になってからでも身長を伸ばす方法があるのです。

man

姿勢をよくするだけで、身長が伸びる!

意外と見落としがちなのが、姿勢。背中が丸まっている猫背や、腰が前のほうに突き出ている反り腰は、実際の身長よりも低く見えてしまいます。

腹筋・背筋を鍛えて、背筋をピンと伸ばし、腰を後ろに落とした状態で長時間キープできるように日頃から意識するようにしましょう。

姿勢を正しくしただけで、身長が1センチから3センチアップすることも珍しくありません。正しい姿勢になっているかのチェックの仕方は次のとおりです。

  • 壁にカカトをつけて立った時、壁に肩と尻が同時につく
  • 壁と腰の間に、手のひらが入るほどの隙間がある
  • 壁に肩と尻をつけた時、後頭部も壁につく。

身体のゆがみを正すと、身長が伸びる!

日常生活を送る中で、少しずつ生まれてくるのが身体のゆがみです。このゆがみを改善すると身長が数センチ、高くなることもあります。

ゆがみがあるかどうかのチェック法は次のとおりです。

  • 肩の高さが左右で異なる
  • 腰骨の高さが左右で異なる
  • 両手を肩の高さで横に伸ばしたとき、左右の指先の高さが異なる

ゆがみがあると感じたら、整体や整骨院でみてもらうのもよいですが、足を組んで座らない、カバンを持つ手は左右交互にする、立つ時は片足だけに体重をかけないなど、自分で意識して生活することを心がけましょう。

 

良くある質問

この記事に関連する記事一覧