身長を伸ばす方法と、そのポイントとは?

身長を伸ばす方法のポイントは?

身長を伸ばすのに、日光を浴びることが必要な理由とは?

読了までの目安時間:約 2分

現在、日光を浴びることを避ける人が多くいます。それは、紫外線により肌にダメージを受けたり、癌に繋がる可能性があるからです。そのため、子供でも日焼け止めを塗ったり、帽子を被ったりして紫外線対策をします。

しかし、日光を浴びることは子供の成長に必要なことになります。身長を伸ばすのに必要な成分の一つとなっているビタミンDは、日光を浴びないと作られません。

そのビタミンDの主な働きは、カルシウムの吸収をサポートすることになります。身長を伸ばすのに必要なカルシウムは、単体だと吸収されにくいのでビタミンDが必要になります。

ビタミンDは魚に多く含まれていますが、主に日光を浴びることによって作られたビタミンDがカルシウムの吸収をサポートします。

子供の身長を伸ばすことはカルシウムとビタミンDだけでなく、他の栄養素や睡眠なども影響してきますが、背を伸ばすにはカルシウムの吸収が欠かせないので、適度に日光を浴びることは大切になります。

また、朝起きた時に日光を浴びることは体内時計をリセットすることに繋がり、身長を伸ばすのにも効果的なことになります。体内時計をリセットすることにより、夜の眠る時間に近づくに従って、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌量が多くなっていきます。

そうすると、自然と眠くなります。そのため寝つきが良くなり、質の良い睡眠をとることが期待できます。質の良い睡眠がとれると、身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンが多く分泌されます。

そのため、身長を伸ばすことが期待できるのです。以上のように、子供の身長を伸ばすには日光を浴びることが必要であり、紫外線を嫌って全く浴びないことは良くありません。

 

栄養・食事

この記事に関連する記事一覧