身長を伸ばす方法と、そのポイントとは?

身長を伸ばす方法のポイントは?

適度な運動は効果的!子供の背を伸ばす筋トレとは?

読了までの目安時間:約 3分

一般的に、筋トレをすると身長が伸びにくい印象があります。しかし、筋トレの種類によって身長を伸ばすことが期待できる筋トレと、身長が伸びにくくなる可能性のある筋トレがあります。

身長を伸ばすには、成長ホルモンを多く分泌させることが必要になります。そのホルモンの分泌を促すことが適度な運動になります。

そして、適度な運動で大事なことは、身体全体をバランスよく使うこと・ダンベルなどの重りで負荷をかけないこと・運動前は動的ストレッチを行い、運動後は静的ストレッチを行うこと・縦方向に飛ぶような運動をすること・定期的に休むことになります。

身体全体をバランスよく使うことは身長を伸ばすのに効果的で、そのような運動をすることにより身体全体の血液の流れが良くなります。

次に、重りで負荷をかけないことは大切で、ダンベルやバーベルを使用すると、膝などの骨や筋肉に負担がかかり過ぎて身長が伸びにくくなります。

そのため、負荷のかかり過ぎる筋トレはしないほうが良いでしょう。次に、運動前後のストレッチは怪我防止のために行います。怪我をしたら筋トレができなくなるので、ストレッチはしっかり行いましょう。

次に、縦方向に飛ぶような運動は、縄跳びのような運動になります。縄跳びやジョギングは、縦方向に飛ぶことから骨に刺激が入り、身長を伸ばす効果が期待できます。

次に、定期的に休むことは、筋肉を回復させるために行います。毎日筋トレをすると疲労が蓄積してしまいますので、定期的に休むようにしましょう。

以上のことから、身長を伸ばすことが期待できる筋トレは、腕立て伏せ・腹筋や背筋・一般的なスクワットやジャンプして行うスクワット・ふくらはぎの筋トレなどになります。

ふくらはぎの筋トレは、立って肩幅に足を開いた状態で踵の上げ下げをするだけで簡単に行うことができます。また、筋トレ以外にも、縄跳びやジョギングやバスケットボールのような運動も効果的です。

 

運動・筋トレ

この記事に関連する記事一覧