身長を伸ばす方法と、そのポイントとは?

身長を伸ばす方法のポイントは?

成長期の身長の伸びと女性ホルモンとの関係

読了までの目安時間:約 2分

成長期に身長が伸びるのに関係があるのは成長ホルモンだと認識している人が多いと思いますが、男女共に幼児期から成長期の間に身長が伸びるのに女性ホルモンも関係しているのです。

女性の場合は2次成長期に女性ホルモンエストロゲンが卵巣より過剰分泌されることで初潮がきます。そして毎月生理がくると大体2年程で身長の伸びはストップしてしまいます。

その理由はエストロゲンは少量だと成長ホルモンの分泌を促進する作用があり、それが小学生の頃は男性より女性の方が早く成長期がくる理由と言えます。

ですが2次成長が始まりエストロゲンの分泌量が増加すると骨端線の閉鎖が促されます。その結果骨は発育を停止してしまうので身長はそれ以上伸びなくなるのです。

逆に男性は2次成長期に少量のエストロゲンが分泌されるので成長ホルモンの分泌が促進され身長が伸びやすい状態となります。

なので男性と女性とを比較すると女性の方が身長が低く、男性の場合は20才頃まで身長は伸び続けますが、女性は身長の伸びが緩やかになり15才頃まででストップしてしまいます。

身長を高くしたい女性は女性ホルモンの分泌を抑えた方がいいと言えます。成長期に生理が始まった場合は女性ホルモンの分泌がそれ以上増えない様に女性ホルモンによく似た働きをするイソフラボンの摂取は控えた方がいいと言えます。

ちなみにイソフラボンは大豆製品に多く含まれています。ただ身長は遺伝の影響、生活習慣による影響も大きいのでイソフラボンの摂取がさほど大きな影響を与える訳ではないと言えます。

 

知っておきたいこと

この記事に関連する記事一覧