身長を伸ばす方法と、そのポイントとは?

身長を伸ばす方法のポイントは?

正座やあぐらは短足になる?

読了までの目安時間:約 2分

自分の子供の身長が高くなることは嬉しいことですが、短足だとアンバランスになってしまい、スタイルが悪くなってしまいます。そのため身長を高くすることだけでなく、脚を長くすることも重要です。

そして脚を長くするには、小さい頃からなるべく脚に負担をかけないことが大切になります。適度な運動によって脚に刺激を与えることは脚を伸ばすのに効果的ですが、正座やあぐらのような負担のかけ方は脚が伸びるのを妨げてしまいます。

現在は、和室よりも洋室が多くなっており、椅子に座る子供は昔よりも増えていますが、畳やフローリングの上であぐらをかいてテレビを見たり、ゲームをやったり、スマートフォンをいじったり、読書をしたりする子供は多くいます。

これらのことは、比較的長い時間行うものなので、長時間あぐらをかいてしまうことになります。あぐらや正座は極端に脚を曲げた状態になるため、脚が圧迫されて血流が悪くなってしまいます。

その状態が長時間に及ぶため、血流が悪いままになってしまいます。血液は酸素や栄養を運ぶ役割を担っているため、血流が悪くなると細胞に酸素や栄養が届きにくくなります。

そのようになると、成長が妨げられてしまうので、脚が伸びるのも妨げられてしまいます。また、長時間の正座やあぐらは骨や関節にも大きな負担をかけてしまうため、体の成長をさらに妨害してしまいます。

以上のことから、身長が高く脚が長い良いスタイルにするには、小さい頃から正座やあぐらで脚に負担をかけないことが重要になります。脚にかかる負担が少ない座り方は椅子に座ることなので、子供の脚を長くさせたいのなら、あぐらや正座ではなく椅子に座らせましょう。

 

良くある質問

この記事に関連する記事一覧