身長を伸ばす方法と、そのポイントとは?

身長を伸ばす方法のポイントは?

子供の身長を伸ばすなら、どんなスポーツがいいの?

読了までの目安時間:約 3分

子供の成長期に身長を伸ばすには、スポーツなどでしっかり運動をすることが重要です。運動をすることによって、成長するのには欠かせない成長ホルモンが分泌されやすくなるからです。

また、運動することによって骨が刺激され、身長が伸びやすくなります。その刺激の与え方も重要で、伸びる方向へ刺激を与えると良いといわれています。

そのため、ジャンプするような縦方向の動きをするスポーツが良いということになります。そのスポーツを具体的に紹介すると、ランニングになります。

走ることは、基本縦の動きをするので、骨に縦方向に刺激が加わることになります。したがって、ランニングは身長が伸びやすいスポーツといっても良いでしょう。

それ以外の子供の身長を伸ばしやすいスポーツは、バスケットボールやバレーボールになります。バスケットボールは、シュートをする時やブロックをする時にジャンプをするので、練習中や試合中に何度もジャンプをすることになります。

そのジャンプは縦方向の動きになるので、骨に対して縦方向に刺激を与えることになるので、身長が伸びやすくなります。それと、バレーボールもスパイクを打つ時やブロックをする時、おとりの動きをする時などにジャンプをします。

そのことから、バレーボールも身長が伸びやすいといえます。しかし、バスケットボールやバレーボールは元々身長が高い子供がやっていることもあるので、そのスポーツをやって、身長が伸びることはあまり期待しないようにしましょう。

それと、骨に縦方向の刺激を与える以外にも、身長を伸ばす軟骨に刺激を加えることも良いといわれています。

そのため、全身を使用する水泳も身長が伸びやすいといえます。しかし、カロリーの消費量が多いマラソンなどは、身長を伸ばす栄養が足りなくなることがあり、身長が伸びにくくなることもあります。

また、ダンベルやバーベルなどの重りを使用する運動は、体にかなりの負荷がかかり、身長を伸ばすための軟骨が傷ついてしまうので、身長は伸びにくくなります。

 

身長を伸ばすために

この記事に関連する記事一覧