身長を伸ばす方法と、そのポイントとは?

身長を伸ばす方法のポイントは?

身長を伸ばす方法を知りたい!


世界的に見ても、日本人は小柄な民族。時代の流れに伴う食生活や生活習慣の変化により、日本人の平均身長も少しずつ伸びてはきていますが、まだまだ低身長で悩む人も少なくありません。

身長の高さは遺伝的な要因もありますが、遺伝による影響はおよそ2割から3割程度。残りの7割から8割は睡眠や栄養、運動などの生活環境が大きく影響しています。

「両親の背が低いから」とあきらめる必要は全くないのです。では、遺伝を克服して身長を伸ばす方法とは、具体的にどうすればよいのでしょう。

身長を伸ばす方法は、正しい生活習慣にあり

一般的な成長期は、男子は中学から高校生まで、女子は小学校の高学年から中学生まで。しかし、これを過ぎても20代のうちはまだ伸びる可能性があります。

身長を伸ばす方法のカギとなるのは、やはり生活習慣。睡眠、食事、運動のそれぞれについてみてみましょう。

●睡眠
夜、寝ている間に活発になる成長ホルモンは、身長を伸ばすのに深く関係しています。深い眠りのノンレム睡眠の時は脳と体がしっかり休んでいる状態なので、成長ホルモンが活発になります。眠りが浅いと成長ホルモンが出にくくなるので、質の良い眠りが大切です。
●食事
身長を伸ばすのにカルシウムは必須の栄養素ですが、カルシウムだけでなく、その吸収や働きをサポートする栄養素も同時に摂ることが大切です。チーズや牛乳、魚の他、肉や野菜、大豆食品などバンスよく食べることがポイントです。
●運動
睡眠、食事とともに大切なのが運動。体を動かすことで成長ホルモンがより活発になり、また、身長を伸ばす働きをする「骨端線」を活発にし、身長の伸びをサポートします。

運動で身長を伸ばすことはできるのか?

身長を伸ばすには、骨の発達などを促す働きのある成長ホルモンの分泌を活性化させることが近道。そして成長ホルモンの分泌には適度な運動がとても大切です。

成長ホルモンは主に、就寝時に分泌されますが、運動開始後15分から運動終了後3時間までの間にも成長ホルモンが多く分泌されます。

では具体的に、身長を伸ばす方法としてどのような運動が効果的なのでしょうか?

身長を伸ばす方法でおすすめの運動は?

●筋トレ
身長を伸ばす方法としておすすめの運動は、腹筋やスクワットなど、無酸素運動の筋力トレーニング。筋トレによる疲労の原因は乳酸がたまることによるものですが、乳酸がたまると身体は疲労から回復しようと働き、その時に成長ホルモンが大量に分泌されるのです。筋トレの中でも3秒以上かけてゆっくりと膝の曲げ伸ばしをするスロースクワットなどが、乳酸が発生しやすいのでおすすめの運動です。
●有酸素運動
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を10分から20分、継続して行うと体内に一酸化窒素が発生します。この一酸化窒素には、血流をよくする働きに加え、成長ホルモンの分泌を活性化する働きもあるのです。

器具を使ったウェイトトレーニングなどのように一部の筋肉を過度に疲労させるものや、ぐったりするほどのハードすぎる運動は、せっかく分泌された成長ホルモンがすべて疲労回復のために使われてしまうので避けたほうがベスト。

適度に心地よく疲労する程度の運動を繰り返し行うほうが、身長を伸ばす方法としては効果的のようですね。

身長を伸ばすストレッチをご紹介

ストレッチは毎日継続して行うと、身長が伸びる助けになります。そこで身長を伸ばすのに効果的なストレッチをいくつかご紹介します。

まず、最初は「背伸び」のストレッチです。

両手を前にだして手を組み、バンザイをして手と足を遠くに伸ばして行きましょう。急激にやるのではなく、リラックスしながら10秒ほど連続して伸ばします。その後脱力して力を抜き、再び同じように背伸びを行います。この動作を3~5セットやってみましょう。

次は、「猫のポーズ」のストレッチです。

四つん這いの姿勢になり、頭がおへその方を向いた状態から顔を上げていき、体を反らしていきます。反らしてしばらくしたら元の体勢へ戻すように頭を下げていき背中を丸めます。全体を通して、手や足の角度が変わらないようにして体幹部分だけを使うのがポイントです。背中の筋肉が伸ばせて身長を伸ばすのに効果的です。3~5セットやってみましょう。

最後に、股関節のストレッチです。

両足を前後に大きく開いて、前足の膝を90度くらいに曲げます。体重を真下にかけながら後ろ足を伸ばし、両手を前の足の太ももへのせます。この状態を数秒間キープしたら今度は反対の足をおこないましょう。こちらも数セットやってみるのが効果的です。

背を伸ばすには骨端線が開いている間のカルシウム摂取が重要

子供の頃は背を伸ばすのにカルシウムを多く摂る事を勧められるのに、大人になってからいくらカルシウムをとっても身長が伸びない理由。それは骨端線が開いているかどうかにあります。

骨端線とは骨の両端についていて、他の骨との接続部分の周辺にある軟骨の事です。この骨端線が開いている時にカルシウムを摂取すると、その部分の軟骨が増え硬くなります。

その分骨が長くなれば身長も伸びる、というのが背が伸びる仕組みです。

この骨端線は子供の内は開いていますが、大人になると閉じてしまいます。個人差もありますが男子では17歳前後、女子では15歳前後で閉じてしまう人がほとんどです。

骨端線が閉じてしまえば、基本的に背が伸びる事はなくなると思っていいでしょう。

骨端線は軟骨なので、レントゲン撮影をする事で骨端線が開いているかを確認することが出来ます。

足や腕の骨を撮影した時に、骨の端の少し手前あたりを横断する線のようなスキマがあれば、それが骨端線です。

身長を伸ばすため必要な栄養素と摂取できる食材

身長を伸ばすために必要な栄養素として、一番代表的なものにカルシウムがあります。カルシウムは乳製品や海産物、野菜、大豆製品に豊富に含まれています。

そして身長を伸ばす栄養素として最近注目されているのがマグネシウムです。特にマグネシウムはカルシウムと1:2の割合で働くミネラルなので、一緒に摂取する必要があるのです。

これらを一緒に取れる食材としては、もめん豆腐やアーモンド、落花生といった大豆製品やほうれん草、牡蠣があります。

さらに亜鉛の摂取も必要です。亜鉛はたんぱく質や遺伝子を作る酵素に含まれるほか、骨の成長にも直接関与している栄養素です。亜鉛が豊富な食材には、牡蠣、納豆、牛モモ肉、ホタテ、豚レバー、豚モモ肉があります。

そして最後に、たんぱく質です。たんぱく質は体内でアミノ酸に分解された後、骨の基礎となるコラーゲンの材料になったり、骨芽細胞の増殖する際の酵素の原料や成長ホルモンの原料になります。

たんぱく質は、肉や魚、卵といった食材から摂ることができます。

身長を伸ばすサプリは、どんな違いがあるの?

フィジカルBはマンゴーミックス味の美味しいドリンクです。国内工場で作られていて、食品分析済みの安心安全の原料を使用しています。

フィジカルBには、鉄分、ビタミンB1、B2、B6、体を作るアミノ酸9種類が入っていて、約1か月分が定期購入なら半額の税抜き4,980円で購入することができます。

せのびとーるは味の種類も豊富なタブレットタイプのサプリです。放射能検査もクリアしていますので安心して飲むことができます。

成長期には欠かせないアルギニンとBCAA、ボーンペップ、カルシウムなどを摂ることができ、通常価格は約1か月分が税抜き6,300円です。

定期購入なら1回目は980円、2回目以降は10%オフの価格で続けることができます。

カラダアルファは天然由来成分を使用、放射能テスト済みの安全なサプリです。

単品では吸収の悪いカルシウムの効率をアップさせるために、コラーゲン、マグネシウム、ビタミンC・K、亜鉛、リン、タンパク質、スピルリナをバランス良く摂ることができます。

1か月分が税抜き6,000円です。3袋セットなら16,800円、6袋セットなら1袋あたりが5,200円になります。